Gerbera

不動産登記

不動産登記

不動産とは簡単にいえば建物や土地などのことをいいます。

不動産登記とは不動産の所在、地番、家屋番号、種類、面積、構造など表題部(甲区)、不動産についての権利関係(売買・相続・抵当権など)を乙区として法務局の登記簿に記載し、一般の人たちに公表(公示)することをいいます。

これは不動産を取引しようとしている人たちが、安全に取引できるように売買・相続や抵当権設定・抹消などの記録を誰にでもわかるようにする制度なのです。

登記をすることによって所有権や抵当権などの自分の権利を他人に対して主張できる(対抗力を有する)ようになるのです。

建物を新築した時や住宅ローンを返済した時などはお早目の登記をお勧めします。

不動産登記手続きは複雑で多岐に渡り、自分で不動産登記手続きを行うことは困難であると考えます。また、不動産登記には、頻繁に税金の問題が絡んできます。自分で登記して、あとから思いも掛けない税金がかかることも少なくありません。
当事務所には、不動産登記手続きに関して長年培ってきた実績と信頼がございます。登記手続きでお悩みの方にご安心して依頼頂けるよう万全のサポート体制を整えております。不動産登記手続きでお悩みの方、不動産登記のことなら横浜の司法書士安西総合事務所へお任せください。