Gerbera

その他

◆ 筆界特定手続き

筆界とは、わかりやすくいえば隣接地との境界のことです。

とかくトラブルになりがちな隣地の境界を確定するためにこの手続きを利用したり、あるいは裁判で確定することもできます。

 

◆ 供託手続き

供託とは一定の金銭や有価証券などを供託所(法務局)に預託し管理を委ね、一定の資産を保全していることを証明するものです。

具体的には賃借人がアパートやマンションの値上げに納得がいかず、交渉中に現状の賃料をしはらっても大家さんが受け取ってくれない場合があります。

これを放置しておくと賃料不払いで賃貸借契約解除の理由となることがあります。

その場合供託所(法務局)に家賃相当分を供託しておくと、その時点で賃料の支払いが継続しているとみなされるのです。

司法書士は供託の代理人となることができます。